トップページ > 最新情報 > iPhoneを1970年1月1日に設定すると壊れる問題、Appleが近日対応!

読了まで 144

iPhoneを1970年1月1日に設定すると壊れる問題、Appleが近日対応!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone
 
iPhone5s以降などのiOS端末で、日付を「1970年1月1日」に設定すると端末が機能しなくなるバグに対して、Appleが近日中にソフトウェアアップデートで対応予定であると発表しました。

iPhoneが使い物にならなくなる問題、Appleが解決策を公開予定

A7以降のプロセッサを搭載した、iPhone5s以降などの64ビットのiOS端末で日付を「1970年1月1日」に設定して再起動すると、端末が動作しなくなる問題が話題となっています。
 
Apple サポート
 
この問題に対してAppleは現地時間2月15日にサポートドキュメントを公開し、近日中にソフトウェアアップデートにより対応予定であると発表しました。

日時の管理に関連したバグが原因

この問題は、UNIX系の日付と時刻が1970年1月1日を起点としており、時差の関係で起点の時刻以前の日時の処理が発生することが原因のバグ、とされています。
 
バッテリーを取り外すか、完全に放電することで、強制的にメモリをリセットすることで修復は可能と言われています。ただし、iPhone本体を分解すると保証対象外となること、バッテリーの取り扱いには注意が必要なことから、自力での分解はお勧めしません。
 
万が一、いたずらに悪用されれば、iPhoneユーザーとしては非常に困る問題だけに、一日も早いアップデートの公開が待たれます。
 
 
Source:Apple
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる