トップページ > おもしろ ネタ > 追記:犬だと何顔?マイクロソフトが公開した画像認識Webサービスを試してみた!

読了まで 213

追記:犬だと何顔?マイクロソフトが公開した画像認識Webサービスを試してみた!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

what-dog
 
マイクロソフトが、高度な画像認識技術を使って、犬の写真で犬種を当てるほか、人間の顔を犬に例えることのできるiPhoneアプリとWebサービスを公開しました。

マイクロソフト、画像認識で犬種を当てるアプリとWebサービス

マイクロソフトが公開したiPhoneアプリ「Fetch!」は、高度な画像認識により、犬の写真から犬種を当てることができるのが特徴です。写真は犬でなくても良く、人間の写真を使えば「犬で言うとチワワ」のようなたとえが可能になります。
 
Fetch
 
残念ながら、本稿執筆時点でアプリはアメリカ版のみで、日本国内のApp Storeでは公開されていませんが、同様のWebサービスである「What-Dog.net」は、日本でも利用可能です。
 
【更新 2016/2/16 1:20am】日本版のApp Storeでも公開され、ダウンロード可能になりました!
 

FetchFetch!
カテゴリ:エンターテインメント
現在の価格: 無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。

 

Appleのトップは犬に例えると?試してみた!

Webサービスの「What-Dog.net」を、iPhoneゆかりの方々で試してみました。
 
まずは、AppleのCEO、ティム・クック氏です。前から、なんとなく犬っぽいなぁ、と感じていたのです。
 
ティム・クックCEO
 
判定結果は、「保護的な性格、ジャンプすると怪我することがある。訓練さえすれば社交的で従順」な、「ボーアボール」だそうです。もう少し優しい雰囲気の犬を想像していたんですが、少し違いました。
 
ティム・クック 判定結果
 
次に、Appleのデザイン最高責任者、ジョナサン・アイヴ氏です。この方も、どこか犬っぽい雰囲気を感じるのです。
 
ジョナサン・アイヴCDO
 

結果は「非常に活発、強い注意力、高い知性」の「ボーダーコリー」と出ました。たしかに、言われてみればボーダーコリーっぽい気がしてきます。
 
ジョナサン・アイヴ 判定結果
 
 

ちなみに、筆者の写真で試したところ、「ドーベルマン」と判定されました。犬好きな友達同士で、お互いを判定すれば盛り上がるので、試してみてください。
 
 
Source:What-Dog.net
(hato)

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる