トップページ > iPhone7 > シャープ、鴻海と協業してiPhone8の有機EL受注獲得へ

読了まで 146

シャープ、鴻海と協業してiPhone8の有機EL受注獲得へ

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

スマートフォン フリー素材
 
日刊工業新聞が運営するウェブメディア『ニュースイッチ』は、経営再建中のシャープが台湾EMS大手の鴻海(ホンハイ)と協業し、2018年に発売すると思われるiPhone8に搭載する有機ELディスプレイの受注獲得に向けて尽力するのではないかと伝えています。

2017年半ばには生産を開始か

シャープは、政府系ファンドである産業革新機構の再建案ではなく、鴻海による巨額買収案の方を優先して交渉する方針を決めたことが伝えられていますが、『ニュースイッチ』は両社が協業後、Appleが2018年に発売すると見られる新型スマートフォン向け有機ELパネルの受注獲得を目指す考えを持っていることが分かったと報じています。
 
シャープが生産している有機ELディスプレイについては、以前からiPhoneへの搭載の噂が浮上していますが、Appleと関係性の深い鴻海と協業することにより、よりその可能性が高まったと言えそうです。
 
シャープの独自技術であるIGZO(酸化物半導体)を組み合わせることにより、Appleの仕様に応えたい考えで、亀山工場内の使用されていない建物と、既存の向上や設備などを利用してこの計画が進められ、2017年半ばには、少量での試験生産が開始されるのではないかとされています。
 
まだ鴻海による買収交渉の行方も見えない中で、気が早いのかもしれませんが、国産技術で作られたディスプレイがiPhoneに搭載される可能性があるというのは、感慨深いですね。
 
 
Source:ニュースイッチ
(クロス)

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる