トップページ > 使い方 テクニック > [iOS9]Appleのクラウドストレージ「iCloud Drive」の使い方

読了まで 419

[iOS9]Appleのクラウドストレージ「iCloud Drive」の使い方

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iCloud Drive
 
Appleが提供するクラウドストレージサービス「iCloud Drive」は、iOS8より登場しました。iOS9では純正アプリが追加され、iPhoneやiPadから「iCloud Drive」上のファイルの編集や管理ができるようになるなど、iPhoneを使う人にとってより便利なサービスになりました。
 

iPhoneなどのiOS端末⇔パソコン間でファイルを共有!

iCloud Drive」では、ファイルをクラウドに保存し、iPhoneやiPad、iPod touchとパソコン間でファイルのやりとりができます。iOSやMacで利用できるPages・Numbers・Keynoteといった「iWork」アプリに対応しているので、例えばパソコンで作成した資料を外出先で確認したり、移動中に思いついたアイデアを書き留めておき、パソコンで仕上げる…といったことができます。
 
Windowsパソコン向けには専用ソフトが提供されているほか、iCloud.comにアクセスすればブラウザからファイルの管理も行えます。またiCloudフォトライブラリをONにすると、iPhoneで撮影した写真をクラウドに自動アップロードすることも可能です。
 
「iCloud Drive」の容量は、iCloudのバックアップやiCloudメールと共有となっています。容量は5GBまでが無料で利用できるほか、追加容量として、50GBが月額130円、200GBが月額400円、1TBが月額1,300円で利用できます(価格は2016年2月18日現在)。
 
なお利用できる端末は、Windows(7以降)、Mac(Yosemite以降)、iOS(8以降)で、iOS向けの純正アプリのインストールはiOS9以降が対応端末となります。今回はiOS9環境で「iCloud Drive」の利用方法を解説します。
 

iPhoneで「iCloud Drive」を有効にする手順

1
ホーム画面から「設定」を起動し、「iCloud」をタップする

 

2
Apple IDにサインインする

  • Apple IDとパスワードを入力し、サインインします。
  • Apple IDを持っていない場合はこの画面から作成することができます。
  •  

    3
    「iCloud Drive」をタップする

     

    4
    「iCloud Drive」をオンにする

  • オフ(白)になっているのを、オン(緑)にします。
  •  

    5
    「iCloud Drive」アプリをホーム画面に追加する
  • 「iCloud Drive」のアプリは、App Storeからのインストールではなく、この設定画面から「ホーム画面に表示」をオン(緑)にすることでインストールできます。
  • 「ホーム画面に表示」をオンにすると、ホーム画面に表示されます。これで「iCloud Drive」を使う準備は完了です。
  •  

     

    ?
    「iCloud Drive」アプリの画面構成

     
     

  • 「iCloud Drive」のアプリを起動したときの画面です。何もファイルがない状態だとこのように真っ白です。下にスライドすると、iCloud Drive内のファイルを「日付」「名前」「タグ」で並べ替えることができます。右端のアイコンをタップすると、リスト表示とサムネイル表示を切り替えられます。
  •  

    パソコンから「iCloud Drive」を利用する手順

    パソコンにある写真やプレゼンテーションファイルなどを、「iCloud Drive」に保存することで、例えば外出先でも、iPhoneでアクセスして閲覧することができます。
     
    Windowsパソコンで「iCloud Drive」を利用するには、WebブラウザからiCloud.comにサインインしてブラウザ上で利用する方法と、Windowsパソコン向けの「iCloud Drive」アプリをインストールする方法の、2つの方法があります。今回はブラウザから利用してみましょう。
     

    1
    ブラウザでiCloud.comにアクセスし、Apple IDにサインインする
  • ブラウザのアドレスバーに「http://www.icloud.com」と入力し、iCloud.comにアクセスします。そしてApple IDとパスワードを入力し、→マークをクリックします。
  • iCloud.comからサインイン

     

    2
    「iCloud Drive」をクリックする
  • iCloudの画面が表示されます。「iCloud Drive」をクリックします。
  • この画面では、iPhoneからバックアップしたメールや連絡先、カレンダーなどのデータも確認できます。
  • iCloud.comからサインイン

     

    3
    「iCloud Drive」上の内容を表示する
  • 何もファイルがないときはこのように表示されます。ここに、アップロードしたいファイルをドラッグ&ドロップすると、アップロードが始まります。
  • iCloud.comからサインイン

     

    4
    アップロードしたいファイルをドラッグ&ドロップする
  • 試しにiPhoneの画像をアップロードしてみます。アップロードしたいファイルを枠内にドラッグすると、このような表示になります。ドロップするとアップロードがはじまります。
  • iCloud.comからサインイン

     

    5
    「iCloud Drive」へファイルのアップロードが完了
  • アップロードが完了すると、一覧にiPhoneの画像が追加されました。この状態で既にアップロードが完了しているため、ほかの端末で「iCloud Drive」にアクセスすると、この画像を閲覧することができます。
  • iCloud.comからサインイン

     

    6
    iPhoneの「iCloud Drive」でファイルを確認する

  • iPhoneのホーム画面から「iCloud Drive」を起動します。すると、一覧に、さっきパソコンでアップロードしたiPhoneの画像が表示されました。
  •  

  • タップすると画像が大きく表示されます。左下の共有アイコンをタップすると、このファイルをメールやメッセージに添付して送信できるだけでなく、Twitterへの投稿も可能です。また、「画像を保存」をタップすると、iPhoneのカメラロールに保存することもできます。
  •  

     
     
    ビジネスに・プライベートに、「iCloud Drive」をはじめとしたクラウドサービスをうまく活用して、iPhoneをより便利に使いこなしましょう。

     
     

    いつもシェアありがとうございます
    Twitter

    Twitter

    Google+

    g+

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる