トップページ > 最新情報 > iPhone、2015年米スマートフォン市場の40%占める

読了まで 149

iPhone、2015年米スマートフォン市場の40%占める

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Parks-Associates--Smartphone-Brand-Market-Share
 
2015年の米国のスマートフォン市場において、AppleのiPhoneが40%のシェアを占めたことが明らかになりました。

Appleは40%、サムスンは31%

調査会社Parks Associatesが、自宅にブロードバンド環境のある米スマートフォンユーザーのうち、40%がiPhoneユーザーだったという調査結果を明らかにしました。2番目にシェアが高かったのがサムスンで31%、3位がLGで10%でした。
 
同社の調査によれば、自宅にブロードバンド環境のある米世帯の86%がスマートフォンを所有しています。欧州諸国では、英国はブロードバンド環境のある世帯の76%、ドイツは82%、フランスは78%、スペインは90%がスマートフォンを持っているという結果となりました。

2年契約に縛られないユーザーが51%に

また同社の調査から、iPhoneユーザーの3分の1が、2年以上前にリリースされた機種を現在も利用していることがわかりました。一方サムスンではこの比率が30%でした。米スマートフォンユーザーの45%が、次の機種へとアップグレードするまでの期間を2年以上と答えています。これにはキャリアによる「2年縛り」が影響しているものと思われます。
 
ただし米国では2012年から、2年契約なしでもスマートフォンが利用できるプログラムが登場しています。そのためParks Associatesによれば、2011年時点ではユーザーの約70%が2年契約に縛られていましたが、2015年第3四半期にはこの割合は51%まで下がっています
 
 
Source:Park Associates
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top